大分県厚生連 介護老人保健施設 シェモア鶴見〒874-8585 大分県別府市大字鶴見4333-5番地

連絡先
HOME > 施設案内

施設長あいさつ

介護老人保健施設シェモア鶴見施設長

介護老人保健施設
シェモア鶴見
施設長 中山 俊之
 介護老人保健施設「シェモア鶴見」は、鶴見病院に併設した施設として平成7年6月に開設いたしました。
 シェモアとは、フランス語で「我が家」という意味で、自宅のような家族のぬくもりを感じられるサービスを目指して命名しました。
 平成20年4月に施設を拡充した現在の場所に新規移転して、現在に至ります。
 スタッフ一同、利用者の皆様に満足いただけるよう、サービスの向上に努めてまいりますので、皆様のご利用をお待ちしております。

施設理念

 “恕”(おもいやり)
〈行動指針〉

一、私たちは、地域住民の健康と福祉の向上のため、生命と、個人の尊厳を重視し、
   家庭的で専門的な福祉医療サービスの提供に努めます。

一、私たちは、プロの介護従事者として研修に励み、福祉医療水準の向上と後進の教育に努めます。

一、私たちは、利用者中心の運営を行い、介護老人保健施設として地域社会に貢献できる健全経営に努めます。

一、私たちは、利用者のプライバシーや個人情報の保護を遵守します。



一、私たちは、開かれた施設を目指し、ボランティアや学生の活動を広く受け入れ、市民との交流を深めます。

介護老人保健施設シェモア鶴見

施設概要

 シェモア鶴見は平成7年6月に高齢化社会の進展に伴い、大分県厚生連の福祉事業施設として入所定員50名、通所定員10名の老人保健施設を開設し、その後平成20年4月に入所定員50名、通所定員40名の介護老人保健施設として現在の場所に移転しました。ちなみにシェモア鶴見の「シェモア」とはフランス語で「我が家」という意味を表わしており、利用者さんはもちろんのこと、面会に来られた家族の方々にもぬくもりとやすらぎを感じていただけるよう、明るく快適な施設づくりを心掛けています。
▶ フロアマップ・フロアガイド
施設名称 大分県厚生連 介護老人保健施設 シェモア鶴見
所在地  〒874-8585 大分県別府市大字鶴見4333-5番地
電話・FAX 電話:0977-23-7113  FAX:0977-23-7996
施設長 中山 俊之
開設年月日 平成7年5月26日
建物の構造 鉄骨造3階建て(平成20年3月31日新築)
1階
機能訓練室
介護浴室
一般浴室
事務室
通所リハビリテーションルーム
食堂
ボランティアルーム
厨房
その他
2階
療養室50床(個室14床)
多目的ホール
談話室
診察室
サービスステーション
介護浴室
一般浴室
洗濯室
利用定員 入所定員:50名  通所定員:40名
スタッフ
医師
看護師
介護士
理学療法士
作業療法士
栄養士
介護支援専門員
支援相談員
事務員

沿革

 平成7年
6月

高齢化社会の進展に伴い、入所定員50名、通所定員10名の老人保健施設として
大分県厚生連の福祉事業施設として開設しました。
 平成10年
7月
在宅利用者の増加に伴い、通所定員を20名に変更しました。
 平成13年
5月
在宅利用者の更なる増加に伴い、通所定員を29名に変更しました。
 平成20年
4月


現在地に介護保険支援センターつるみ、訪問看護ステーションつるみを加えた
総合福祉センターに入所定員50名、通所定員40名の介護老人保健施設として
移転しました。
▲ ページトップへ